2014年03月31日

一青窈は金持ちの家の娘だった

一青窈はもらい泣きでテレビに出てきたときに両親を早くに亡くしたと言われながらも、
大学まで進学しているので、お金はどうしたのかと思っていましたが、
ウィキによると父親は台湾の5大財閥の社長の子供だったそうですね。





父親である顔恵民(がん けいみん)は台湾人ではあるものの、
日本の小学校に通っているそうです。


日本の経済成長も関係したのか、
日本の学校に通う台湾人も多かったそうです。


一青窈さんの人柄の中にはなんとなく哀の雰囲気も感じますが、
楽曲の中には『大家』『ぱぱへ』などがあるので、
やはり両親を亡くした悲しみは心にずっと残っているのかなと
思いました。


父親の同級生には犬養毅の孫である犬養康彦がいたそうです。


posted by ぽけ at 01:45| 一青窈 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。